HSPが苦手な同僚に対する考え方とは?

こんばんは、片山です。



「あの人とは仕事がやりづらい」
「あの人の考え方についていけない」
「会話するだけでイヤな気分になる」

あなたは上記のようなことを
考えたことはありませんか?


HSPは他人の言動に対して
色々なことを考えて疲れてしまう
ことが多いです。

実際に私も苦手な同僚と
仕事をして、
心が休まらなかったと感じた
ことが何度もあります。



ほとんどのHSPは、
現在も仕事や人間関係で
つらい思いをしているのでは
ないでしょうか?

それでも仕事はやらないといけない。

それならば、
HSPが考え方や言動に気をつかう
同僚とどのように付き合ってくのか?



それは…

物事の考え方は
一人ひとり違うと考えること

なんです。

仮に、
あなたの職場に
「会話することすら避けたい」
という人がいたとします。

その人はあなたからすれば
外見や振る舞いに問題があるかも
しれません。

言葉遣いや性格に問題があるかも
しれません。

そのような人に対しては、
以下のように考えてみて下さい。

———————————–
この人は今までこんな外見で
仕事をしてきたんだな
(髪がボサボサ、腰パンなど)

この人はこういう言葉づかいで
仕事をしてきたんだな
(ダルい、ムカつく、面倒など)
———————————–

会話すら避けたい人に対して
「こんな感じなんだな」といった
あいまいな感覚がポイントです。



しかし、
どうしても会話しなくては
いけない場面もあります。

その場合は口調や声のトーンを
変えて工夫するのではなく、
あなたのいつものままに話せば
OKです。

特定の人だけ対応を変えてしまうと、
いつも以上に気をつかったり
「俺だけ態度が違うんだけど」
などと噂されてしまうかもしれません。

大事なのは、
あなたのいつものままに話して
「この人はこんな感じなんだなぁ」
といった考え方をするということです。



もしあなたが職場で違和感を
感じる言動をする人を見かけたら、
あなたとその人にはご縁がないかも
しれません。

違和感を感じる人と分かり合おうとすると、
今以上に疲れ切ってしまうこともあります。

“ご縁が無い人とは分かり合えない”

という前提で会話することもアリだと
考えてみてください。



最後に、


もしあなたが疲れ切った仕事生活を
しているなら、
「あなたが苦手とする同僚に対して
どのような考え方をしているのか」

今一度、
考えてみることをおススメします。

もしかしたら
その人に対する対応の仕方が
見つかるかもしれません。



今のまま「辛いなぁ」と思いつつ
仕事をしていくのか、

その人に対する考え方を
少しずつ変えていくか、

あなたの行動によって
職場での気持ちの余裕さに
影響が出てきます。



まずは
「物事の考え方は一人ひとり違う」
ということを念頭に置いて考えて
みてください。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。