HSPさんが完璧主義から卒業するためには

こんばんは、
心の敏感解消カウンセラーの片山です。



あなたの周りや職場に
なんでも完璧にこなす人は
いませんか?


HSPに関する特徴には
「完璧主義」というワードが
関わってきます。


完璧主義の人は0か100かで
考えてしまうことが多いです。


仮にミスをしてしまったら、
今まで行なってきたことを
全否定して自分を責めてしまう
こともあります。


もしあなたに完璧主義という
考えが身体にしみ込んでいると、

日常や仕事で苦労している
かもしれませんね。




完璧にこなす人に
私はある言葉を送ります。


「完璧にこなさなければ!」
思ったときには、

失敗してもいいんだ

と考えてみてください。


「自分に許可を出す」
と言い換えてもいいですね。


完璧主義の人は

———————————————–
・他人の評価を気にしすぎる
・自分の優秀さをアピールしたい
・周りから嫌われたくない
・責任感をとても強く感じる
———————————————–

などを抱えています。


これらの思いを常に抱えているので、
自分のことを考えることで精一杯
ではないかと思います。


また、完璧主義の人が失敗すると、
上記の思いが全て傷つきます。


「上司からの評価は確実に落ちたな」
「なんでもこなせるはずだったのに」
「周りから避けられるだろうな」
「俺はこんなことも出来ないのか」

などと考えてしまい、

立ち直るのに時間が掛かったり、
うつなどを患ってしまうことも
あるでしょう。




誰だって失敗はしたくないです。

ですが、どんな人間であっても
失敗することはあります。


私も失敗することは多々あります^^;


あなたは失敗してもいいんです。

(だからといって失敗しまくるのは、
周りに迷惑を掛けすぎてしまいます(汗))




それでも失敗が怖いと思うなら、
仕事中に「失敗してもいいんだ」
言うようにしてみてください。


日頃から言い続けることによって、
その言葉は身体にしみ込みます。


専門用語が出てしまうのですが、
心理学に「潜在意識」という言葉が
あります。


その潜在意識には、
「繰り返されるもの重視する」
という特徴があります。


この特徴は、
「日常生活で繰り返されるものは記憶に
定着しやすい」という意味をもちます。


「自分はダメなヤツ」と言い続ければ
「自分はダメなヤツ」になってしまいます。

逆に
「自分はすごいヤツ」と言い続ければ
「自分はすごいヤツ」と思いこみます。


ですから、完璧主義の人は、
「失敗してもいいんだ」という言葉を
言い続けてみてください。


「失敗してもいいんだ」
という言葉があなたに浸透してくると、
生きづらさは次第に変わっていきます。



まずは「失敗してもいいんだ」
許可を出してみましょう。


最初は違和感を感じて
「失敗してもいいんだ」とは
思もえないかもしれません。

ですが、
少しずつ慣らしていけば
OKです。


小さな行動(スモールステップ)
積み重ねていくことで、
あなたの完璧主義は手放せます。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。