人付き合いに疲れたら「人間関係の休日」を作ってみよう

こんばんは、片山です。



あなたは最近、
しっかりと休めていますか?

仕事が休みの日に
1日ゆっくりしていても、
「なんか疲れが取れないな」
思ったことはありませんか?

もしかしたら、
その疲れは仕事の疲れだけでなく
他人との関わりからの疲れが
積み重なっている可能性が…。



HSPは他人からの様々な言動に
敏感に反応して、
疲れをためてしまいます。

もしあなたが今も人間関係で
苦労しているなら、
「人間関係の休日」を設定して
みてはいかがでしょうか?

「仕事休み」があるならば、
「人間関係休み」もあっていい
と私は考えてます。



今回はHSPの人間関係休みの
重要性をお伝えします。

HSPは人間関係の休日を作ることがとても大事



あなたは、
人間関係の休日って何?
と思うかもしれません。


人間関係の休日とはですね、

その休日は意識的に人間関係を
オフにすること

なんです。


意識的にオフにするとは、
——————————–
・誰とも会わない日を作る
・LINEなどの連絡を控える
・1人でできる趣味をする…
——————————–
などです。



ここで大事なのは、
あなた自身がいかに1人の時間を
作ることができるかです。

HSPは気づかいや敏感さに
よって疲れをためがちです。

疲れがたまりすぎると、
気の知れた友人でさえ
会うのがツラくなったりします。

毎週1日、半日でもいいので、
人間関係をオフにして
1人でゆっくりしてみましょう。



HSPが人間関係を休ませることで、
自分の現状と向き合えたり
悩みを整理できたりします。

他人からの刺激をやわらげて
こころの負担を減らすことも
できます。



他人との交流は大切なことですが、
あなたがツラい状況になってまで
他人に合わせなくてもいいんです。

HSPでツラいなら、
まずは自身のケアを優先して
欲しいと思っています。

どんな感じで休日を作る?

それでは、
どんな感じで休日を作って
いきましょうか?


端的にまとめると、
——————————-
①空けられる時間帯を考える。
②空けられる時間を仮決め。
③空いた時間で何をする?
④例外を作る?
——————————–
ですかね。

簡単に流れをお伝えします。



まず…

①あなたは、
「この曜日は空けられる」
「この時間帯は空けられる」
というときはありますか?

②もしあれば、
とりあえずその時間帯で
仮決めしましょう。

休日の設定日は、
土日でも平日でもいいです。

あなたのご都合によって
設定日は変わります。



③あなたは空いた時間で
何をしますか?

瞑想したりボーっとしたり
自分の趣味に没頭したり…

あなたの心が満たされること
リラックスできそうなことを
やるのがいいですね。



④「人間関係の休日」に関する
例外を作りますか?

ここでの例外とは、
緊急的な用事を除いたものです。

例えば、
———————————
・行事や用事に掛かった時間だけ
別日で確保する。
・毎週〇曜日はスキマ時間で
ゆっくりする。
・設定日にゆっくりきなかったら
翌日にズラす。
———————————
などなど。

1人1人家庭環境が違いますので、
ご自身に合ったやり方でOKです。



休日の設定で大事なのは、
あなた自身がゆっくりできそうな
やり方をすることです。

他人から見て「なんだよそれ」
と言われて変更するのはやめに
しましょう。

その変更は他人の考えに沿った
休日になってしまいます。

もし何かを言われたら、
相手の意見を参考程度に聴いて
いいところがあれば加える
という感覚でOKです。



あなたの「こうしてみたい」
という気持ちに従って、
休日を設定してみてください。

まとめ

HSPが人間関係の休日を
過ごすことで、
敏感さの落ち着きやこころの
余裕をつくることができます。

休日は可能な限り1人で過ごす
ことが大事です。



他人との関わりを1日空けても
人間関係に支障はありません。

もし1日空けただけで支障が
出るようなら、
その人間関係は見直したほうが
賢明です。

HSPは治すことができないと
言われています。

ときにはゆっくり休みつつ
HSPと付き合いながら
人間関係を築いていきましょう。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。