他人の目が気になってしまう人はこう考える

こんにちは、
HSP心理カウンセラーの片山です。



あなたは仕事をしているときや
日常生活のなかで、
他人の目が気になってしんどいと
感じたことはありませんか?

HSPさんのなかには、
周囲の反応や視線にとても敏感で
精神的に1日もたないことがあります。

なんとか1日を乗り切ったけど
グダグダに疲れていたり早退したり…

あなたにもそんな経験があるかも
しれません。



できるならば他人の目を気にしても
敏感疲れを減らせるようになりたい。

もしあなたがそう思うのなら、
「相手は自分をどう思っているのか?」
ではなく、
「自分は相手をどう思っているのか?」
について考えてみてください。



「ん?」となったかもしれませんが、
敏感さを落ち着かせる大事な考え方
なんです。

この考えをしてみることで、
新たな気づきがあるかもしれませんよ。

自分は相手のことをどう思っているのだろう?


あなたは、
他人の現状や感情に気付いては
いるけど、
自分の現状や感情には気づいて
いますか?

他人の変化に気付くことはあっても
自分の変化に気付きにくいものです。



「〇〇さんは□□だと思ってる?」
「イライラしているように見える」

などと思っても、

「私は今こんな心境だ」
「現状を感情で言い表すと〇〇だ」

と考えることは少ないのでは
ないでしょうか?



もしあなたが上記のような状況なら、
「自分は〇〇さんのことをどう思って
いるのか」について考えてみましょう。

—————————————-
「高圧的だから関わるのはしんどいな」
「自分のことは眼中に無さそう」
「性格的に合わなさそう」
「いい人っぽいけど、なんか引っかかる」
…etc.
—————————————-

こう考えてみることで、
現在の自分の思いを知ることができます。

自分の思いを客観的に知ることで、
冷静になれたりします。

自分が相手のことについて
考えることで、
相手に対する考え方や対応の仕方を
見直すこともできます。



あなたは自分にとって気掛かりな人に
対してどのような考えをもっているで
しょうか?

相手が自分のことをどう思って
いるかは想像しかできませんが、
自分が相手をどう思っているかは
あなたが普段から感じている事実です。

あなたがそう感じたなら、
あなたなりの方法で対処していけば
いいんです。



他人からすれば「思い過ごしだ」
とか言われるかもしれません。

だけど、
あなたが感じたことなんだから
あなたの思うようにすればOKです。

他人の意見を参考にしつつ、
対処しましょう。

まとめ

他人の目が気になって
精神的に疲れるなら、
自分の思いについて考えて
みましょう。

そうすることで、
その人への対処法を思いついて、
精神的負担を減らせるかも
しれません。



HSPさんは周りの人や出来事に
対してとても敏感です。

他人の目を気にしてしまうなら
しまうでいいではないですか。

現在の事実を受け止めるとともに
1つずつ対処法を身に付けて
生きづらさを減らしていきましょう。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。