HSPは職場から逃げることも大切

こんばんは、
心の敏感解消カウンセラーの片山です。



あなたは、

「今の仕事は辛すぎる」
「上司に怒られる毎日だ」
「仕事内容は良いんだけど人間関係がしんどい」

と思ったことはありますか?


職場の人間関係での問題は
つらいことが多いです。

会社がつら過ぎて退職したことが
あるかもしれませんね。




私もサービス業で働いていたときは
かなり苦労しました。

「上司のイライラが伝わってくる」
「取引先の人の顔色が悪そう」
「このお客さんには近づけない」


などが気になりすぎて疲れ果てていた
時期もありました。


体調不良を連発して仕事に支障がでた
ことが何度もありました。




今回は職場で苦しんでいるあなたに
職場から逃げることの大切さをお伝え
します。

HSPさんは逃げることも大切

「逃げる」という意味の捉え方は
人それぞれだと思います。

逃げる→「退職や休職する」
   →「人付き合いを避ける」
   →「後ろめたさを感じる」
   →「恥だ」
などでしょうか。


または、
以下のような経験をしたことが
あるかもしれません。

————————————————-
生きづらさを感じながら仕事をして、
自分に限界が来てやむなく退職。

働かないと身体がなまってきたり
お金がなくなるからなどの理由に
よって無理に転職して、転職先でも
同じように体調を崩してしまう…。
————————————————-


そんなあなたにお伝えします。

HSPさんは職場から逃げる
ことも大切です。

逃げてもいいんです。





あなたは

「同僚に変な目で見られるのが恐い」
「逃げるのはダメなこと」

と思っているかもしれません。


ですが、
あなたの今の状況を
考えてみてください。


今のまま仕事を続けていれば、
今以上に体調が悪化するかも
しれません。


逃げるのは1つの手段として覚えて
おいて欲しいです。


逃げることによって生きづらさを
軽くすることができます。

逃げることについて知っておきたいこと

私は逃げることについて
肯定的に思っています。


逃げることによって
あなたの苦しみが落ち着く
可能性があります。


苦しみの元となっている
場所から離れて、
体調の調整ができるのです。


逃げることは良いことです。


「逃げるのはみっともない」
という社会的な風潮があるだけ
です。




生きづらさを感じていたり
悩み続ける人の多くは、

1つの選択肢を選び続けています


たとえば、学校でいじめられて
自らの命を絶ってしまう人がいる
とします。


その人が追い詰められた場合は、

「命を絶つ選択肢しかないんだ」


と考えてしまうかもしれません。


しかしですね、
周りを見渡せば選択肢はたくさん
あります。


転校するという選択
学校に行かないという選択
親に相談するという選択


その人は選択肢を選ぶ余裕が
なかったと思います。

だから命を絶ってしまうのです。




あなたには逃げるという選択肢
あります。


もしあなたの周りに深い苦しみを
抱えている人がいたら、

アドバイスをするのではなく
選択肢を与えてください


「こんなのもあるよ」
「こんなこともできるよ」など。


逃げることが
ときには最良の選択になることも
あります。


逃げることは恥ではありません。

まとめ

逃げることには勇気が必要です。


「仕事を辞めるという力が
自分には無いからしのいでいこう」
と思っていませんか?




あなたの身体はあなたしか守れません。



友人やカウンセラーさんから
癒してもらって心が軽くなることは
あります。


しかし、最終的には自分の意思で
決断していくことになります。


「最後の手段として逃げる」ことも
1つの考えとして持ってほしいです。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。