HSPはマイルールを作ることで余裕ができる

こんばんは、片山です。



あなたは周りに振り回されたり、
心の落ち着かない日常を過ごして
いませんか?


敏感さをそのままにしておくと、
仕事に支障が出てしまいます。

体調を崩したり退職や休職をする
こともあるかもしれません。




私はそのような人に、
「マイルールを作ること」
おススメします。

マイルールを作ることによって
HSPを落ち着かせたり、

今よりも心に余裕をもつことが
できるようになるからです。

それではご一緒に
HSPに関するマイルールを作って
いきましょう。

どうやってマイルールを作る?

あなたは自分だけのルールを作ろう
と思ったことはありますか?

さきほどもお伝えしましたが、
マイルールを作ることで
心の余裕をもつことができます。


では、
どうやってルールを作っていけば
いいでしょうか?

マイルールを作るに関しては
「この流れで」というのはありません。

しいて言うならば、
こんな感じはどうでしょう?

1、自分の悩みを書き出す。
2、悩んでいることに対してルールを作る。
3、しばらくルールを守ってみる。



この手順でルール作成に取り組んで
みてください。

それではお伝えしますね。

自分の悩みを書き出す

まずはあなたが抱えているお悩みを
書き出してみましょう。

1、飲み会や遊びの誘いを断れない。
2、人ごみが苦手で、帰宅すると疲れ切る。
3、嫌いな相手でも会おうとする。



あなたは
「書き出すのは面倒」
思うかもしれません。


ですが、
HSPの場合は脳内の情報を
整理することが大切です。

自分の悩みや迷いを書き出すだけで
気持ちが和らぐことがあります。

書き出すなら紙やノートがいいの
ですが、WordやテキストでもOKです。

悩んでいることに対してルールを作る。

ここでは、
「1、飲み会や遊びの誘いを断れない」
について考えます。



ここで大事なのは、まずは
あなたができると思ったルールを作る
ことです。

ハードルの高いルールを作っても
守りきれない可能性が高いからです。

その場合を防ぐために、
まずはあなたが「これはできそう」
と考えたルールを作ってみましょう。

(ルールという言葉が息苦しいなら、
「約束事」と言い換えてもOKです。)


例えば、
—————————————–
「体調が悪いときは今日はと言う」
「やらないといけないことを優先する」
「1回断ったら2回目は誘いに乗る」
—————————————–
などです。


まずはルールを作ってみるという感覚
ルール作りを行なってみましょう。

ここは時間をかけて作っていきましょう。

しばらくルールを守ってみる。

ルールを作ってみたら
しばらくはルールを守って
みましょう。

ここでも大事なのは、
「とりあえず守ってみる」
という感覚です。


「ルールを作ったからには守らなきゃ」
「ルールというのは守るべきなんだ」

このように考えてしまうと、
ルールに対する意識が強くなって
ルールを守れなかったときの反動が
大きいです。



まずは「とりあえず守ってみる」
とゆるい感じでOKです。

肩の力を抜いて取り組んでいきましょう。

もし守れなかったら、
再び考え直せばいいんです。

まとめ

今回は断ることを例にして
マイルールの作り方について
お伝えしました。

マイルールがあるかないかによって
あなたの生きづらさは変わってくる
でしょう。

マイルールがあれば、
あなたは「自分はこう生きるんだ」
という考えにたどり着けるかも
しれません。

あなたもマイルールを作って
心に余裕のある生き方を目指して
みてはいかがでしょうか?



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。