HSPが人生に悩んだときに知っておきたいこと

こんばんは、片山です。



仕事やプライベートなど、
毎日過ごしていると人生の岐路に
出くわすことがあります。

あなたはそのときに、
どんな考え方をして
自分の進路を選んでいますか?



自分で考えて「これだ!」という
選択をしているか、他人の意見に
従って選択しているか。

HSPは他人の言動に振り回されやすい
という特性を持っています。

もしかしたら、
あなたは他人の言動によって
人生の進路を決めてしまってしんどい
思いをしたことがあるかもしれません。



今回は、
HSPが他人に振り回されないために
知っておきたいことをお伝えします。

自分も過去に「そう言われればそうだな」
と思わされた考え方です。

それは、、

他人の価値観で人生を決めないこと

なんです。


あなたは、
他人の言動によって
自分の進路を決めていませんか?

もし決めているなら、
高確率で思いもよらない負荷を

感じているのでは?と思います。



なぜそんなことを聞くかというと、
あなたが他人の価値観
(=今までの経験で培った考え方)に
沿って生き方を選んでないかな?
と思ったからです。

もちろん
他人の意見を参考にして良かった
こともあると思います。

ですが、
あなたは「自分はこうしたい」という
考えをもっているはずです。

もしそうならば、
その通りの考えで行動してみませんか?



HSPには争いを避ける傾向があり、
他人に言われたことに対してYESと言い
がちです。

更にその人との今後の関係の未来を
アレコレ考えたりして、
言動に振り回されてしまうこともあります。

私はHSPが他人に振り回されない
ようになるには、
自分の考えたとおりに行動することが大切
だと考えています。

「他人の言動と自分の考えを踏まえて行動を決めることが大切」
と言い換えてもいいでしょう。

もしあなたが他人の価値観によって
物事を決めがちならば、
他人の考え方によって自分の人生を
歩んでいることにつながるのです。




こう考えると、
なんだか重い話のように聞こえる
かもしれません。

ここまでの文章を読んできて、
あなたはこう思いませんか?

————————————
「そんな生き方から抜け出したい」
「他人の言動に振り回されたくない」
————————————


そんなあなたに1つの提案をします。

それは、
「自分の考えとAさんの考えだったら、どっちが気持ち的にラクかな?」
と考えてみることです。



例えば、あなたが転職しようとしています。

周りからの話によると、
—————————————
A社:「給料や待遇はいいけど、残業が多い・仕事量が多い・体力仕事」
B社:「給料は安くて自宅から近いけど、18時には仕事終了・人間関係は割と良い・交通量が多くて少しうるさい」
—————————————
とします。



この転職の話をAさんにしたときに、
Aさんから聞いた内容と自分の考えを
まとめてみて、
「自分ならこっちだな」というほうを
選んでください。

———————————–
・金銭的な問題はどうかな?
・体調を壊さないかな?
・同僚とうまくやっていけるかな?
・上司はどんな人かな?
・待遇はどうかな?
・融通は効きそうかな?
…etc.
———————————–

これらについて考えてみてから判断したり、
面接に行ったときの雰囲気を感じ取って、
その後の進路を決めましょう。



大切なので2回目言いますが、
気持ち的にラクなほうを選んでください。

この考えは甘えではないです。

HSPとうまく付き合っていくため、
敏感さによる体調不良を防ぐために
必要な考えなんです。



まとめると、

——————————————–
他人の価値観で人生を決めてしまうと、
自分に負荷が掛かりすぎてしまう。

「自分はこうしたい」という考えで
行動したいのなら、
他人の意見を参考にして今後の人生に
ついて考えてみることが大切。

他人に振り回されることが多いなら、
「たまには振り回されることもある」
という考えを持っていてもOK。

「自分はこういう生き方がいい!」
「こっちが気持ち的にラク」と思うのなら、
そちらを選んだほうが生きやすい。
——————————————–

以上になります。



他人の価値観によって進路を決めて
しまうと、
自分の生き方に支障をきたすことが
あります。

自分の人生なので、
自分の思う通りに行動してみるのも
アリだと思います。

今後は他人の価値観に振り回されず、
人生を切り開いていきましょう。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。