HSPが知っておきたいストレスの話

こんばんは、片山です。



あなたは「ストレス」という
言葉を聞いたら、
どんなイメージをしますか?

—————————–
「イヤなヤツ」
「ツラいもの」
「ストレスを感じたら…」
—————————–
などとネガティブなイメージを
浮かべるかもしれません。



私もHSPで苦しんでいる時期は、
———————————-
・仕事がやりたくなかったり
・人間関係が面倒になったり
・家に引きこもりがちになったり
・人との交流をさけたり
・疲れがとれなかったり
———————————-
色々抱えていました。

ですが、
現在はストレスに対する考え方を
変えて自分なりに調整できるように
なりました。



では実際に自分はどんなことを
したのか?

それは、
「ストレスは人生にとって必要」
と考えるようにしたのです。

あなたにもストレスは必要なものと
考えてみて欲しいので、
続きを読んでみてくださいね。

ストレスはあなたの人生に必要

HSPは常にストレスとの戦い。

ストレスを敏感さによって
少しずつためて、
短期間で身体や気分に影響が
出ることがよく起きます。

HSPには他人のストレスを察して
自分のストレスに置き換えてしまう
ことも起きます。

影響が出たときの例とすれば、
体調を崩して寝込んだり
会社に行くのがおっくうになったり
仕事を辞めたいと思ったり
などがそうです。

あなたがHSPを抱えて生きていくなら、
あなたはストレスに対する考え方を
見直すことが必要になるんです。



—————————————
・敏感さによって体調がすぐれない
・落ち込んだりソワソワする日が多い
・常にストレスを感じる
・ストレス回避のために消極的になる
—————————————-

もしあなたが上記のような悩みを
抱えているなら、

「ストレスは自分にとって必要」

と考えてみましょう。



あなたがストレスを感じる
ということは、
ストレスの発生源はあなたに
とって試練かもしれません。

どうしても苦手な上司がいて
その人と接することがストレスなら、
苦手な上司とうまく接することが
できればストレスは減るでしょう。

仕事がツラすぎて退職を悩むなら、
退職すればストレスは減るでしょう。

だけど、
あなたがストレスと向き合って、
「こういうことでストレスを感じてたのか」
「こういうのを自分は気にしてたんだな」
と腑(ふ)に落とさない限り、
あなたはストレスを感じ続けます。

似たような出来事が未来で起きたときに、
同じような感じ方・考え方をして
ストレスを感じて、

「この会社もこんな感じなんだな…」

と考えて悩んでしまう。そして退職…。

このような負のループに入ってしまう
危険性も考えられます。



HSPが負のループを避ける
方法はストレスに対する考え方を
変えること。

あなたにとってストレスは
生きていくうえでの試練。

試練(ストレス)を乗り越えた先に
あなたの生きづらさ解消のヒントが
待っているんです。

ストレスに対する考え方とは?

いきなり結論を言うとすれば、

それは、

今感じているストレスと向き合う

ということです。



多くの人はストレスをネガティブに
考えてしまっているので、
ストレスを強く感じるとストレスと
向き合おうとしなくなります。

何かに依存して現実逃避したり、
防衛的・攻撃的な言動をしたり、
自分の殻のなかに閉じこもったり。

ここで大事なのは、
あなたがどんな場面でどんなときに
ストレスを感じてツラくなるのか?

ここをしっかりと向き合わないと、
あなたは「ストレスを感じて体調不良」
を繰り返します。 



今感じているストレスと向き合うのは
正直しんどいです。

場合によっては今よりも体調が
悪くなるかもしれません。

ですが、
ストレスと向き合うという
ステップを踏まないと、
ストレスを感じる根本の原因が
おろそかになってしまいます。

ストレスと向き合えば
いろんな疑問が浮かびます。

その疑問を1つずつ調べたり
解消していけば、
私は生きづらさが変わると
思っているのですが…



向き合うか向き合わないかは
あなた次第です。

ただし無理は禁物。

まとめ

ストレスを避けることができないなら、
いっそのことストレスに対する考え方を
変えたほうが早いです。

考え方が変われば、
その後の対処の仕方も変わります。

対処の仕方が変われば、
その後の行動も変わります。

これを機にストレスについて
考えてみてはどうでしょう?



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。