HSPにとって気楽な人間関係を築くにはどうする?

こんばんは、片山です。



あなたは、
職場の人間関係に疲れ切ったり
合わない人に合わせて苦労した
といった経験はありませんか?

もしかしたら、
「今苦労してる」と考えている
かもしれませんね。



HSPの繊細な気質をお持ちなら、
人間関係に気を遣いすぎてしんどい
ということはよくあることです。

ですが、
もし可能ならば自分にとって気楽な
人間関係を築きたいですよね。



そこで、
今回は人間関係に苦労している人に
どうすれば気楽な付き合い方が
できるようになるかをお伝えします。

それは、

本来の自分を表現すること

なんです。


あなたは、
「評価を下げられたくないから」
「仕事をしやすくしたいから」
「嫌われたくないから」
などの理由によって、
本来の自分を抑えていませんか?



本来の自分を表現しないことには
多くのデメリットがあります。

例えば、
————————————-
・自分には合わない友人ができる
・自分にストレスをかけてしまう
・苦手なことに付き合わされたりする
————————————–
などです。



一方で、
本来の自分を表現することにも
メリットがあります。

それは、
————————————
・自分と合わない人のタイプが分かってくる
・自分と合わない人が去っていく
・自分の考えに似た人と仲良くなれる
・自分の考えに似た人が集まってくる
————————————
などです。



もし可能ならば、
本来の自分を表現していきたいですね。

ですが、
幼いころから本来の自分を抑えてきた
のであれば簡単にはいかないかもしれ
ません。

もしあなたが本来の自分を表現する
のがおっくうなら、
まずは自分の性格や言動を洗い出して
みてください。

いったん自分の内面のことを
ノートに書き出してみましょう。

書き出した内容を眺めてみて、
人間関係で自分が試したいものを
1つずつ使ってみるのです。



もちろん最初は抵抗があると思います。

「嫌われないかな」
「変に見られないかな」
などと思うかもしれません。

大丈夫。

「試してみたら意外とよかった」と
なることもあります。

本当に嫌われたり距離を置かれたら、
「この人と自分は合わなさそう」
と考えてOKです。

肩の力を入れっぱなしで仕事をすると、
身体や心に負荷が掛かりすぎてしんどい
と思います。

肩の力を抜いて
人間関係を築いていきましょう。



———
最後に、
———

もしかしたら、
日常的に多くの刺激を受けながら
仕事をしているHSPは、
本来の自分を表現する余裕がない
かもしれません。

自分ではない“もう一人の自分”
表現するほうが気楽かもしません。

ですが、
言い方が悪いかもですが、
そのような表現は長続きしません。

その表現方法はいつか崩壊します。

崩壊した結果、
うつ病になったり休職したり
といった状況に陥ることもあります。



多くの人はこう思っているのでは
ないでしょうか?

———————————
「もっと気楽に生きたい」
「仕事を楽しみたい」
「人間関係でラクになりたい」
———————————-

これらの思いを手に入れるために
少しずつでいいので、
本来の自分を表現していきましょう。

それが、
HSPにとって気楽な人間関係を
築くための近道なんです。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。