HSPを落ち着かせるための習慣を身につけよう

こんばんは、片山です。



あなたは、
仕事から帰宅したら疲れ果てたり、
自宅にいたにも関わらず身体が
重く感じたことはありませんか?

HSPは気づかぬうちに刺激を集めて、
気づかぬうちに疲れている
ことが
多いです。

できるならば、
少しでもHSPに関する刺激を
おさえたいですよね。

だけど、
どうすればおさえることが
できるだろう…

そう思ったことはありませんか?



そんなあなたに、私は、
日常や仕事中に仕入れる情報を
意識的に減らすことをおススメ
してみます。

情報というのは、
自分の頭に入ってくる考え方や
世の中の動向のことです。

もし意識的に減らすことができる
ようになれば、
日頃の敏感さが落ち着いてくる
かもしれません。

自分が仕入れる情報を意識的に減らそう


意識してなくても気にしてしまう…

気づいたら疲れている…


もしそんな状態なら、
意識できる情報は可能な限り
減らしてみましょう

意識的に減らせば、
仕事や人間関係に関わる
疲れの度合いをおさえる
ことができます。

1人の時間が増えたり静かな
ひとときを
味わえたりもします。



あなたが日頃から仕入れる情報は、
あなたにとって悪いものだったり
することもあります。

色んな情報を仕入れることで
博識になれるかもしれません。

だけど、それをやると、
多くのHSPは情報に取り入れすぎて
疲れ切ってしまうでしょう。

HSPには「情報の取捨選択」
という考えが必要になるのです。

取捨選択をしないと、
毎日がクタクタな生活を送る
ことになってしまいます。

あなたにとって良いもの・悪いものの
情報を選んで過ごすと、
敏感さの落ち着きにつながりますよ。

どんな対策をしてみる?

ここでは、
3つの対策を挙げてみました。

3つのなかのどれかが
あなたに合えば幸いです。

今後の参考にしてみてください。

テレビやニュースを見る時間を減らす

あなたは1日のうちに、
どれくらいテレビやニュースを
見ていますか?

もしかしたら、
テレビやニュースに影響されて
気づかぬうちに敏感さが増して
いるかもしれません。



テレビやニュースを見たり
聞いたりするのが好きな人も
いると思います。

だけど、
せっかく楽しんでいるのに
疲れたりしてしまうのも
考えものです。

これを機に、
テレビやニュースを見る時間を
見直すのもアリかもしれません。

テレビやニュースを見ない時間帯を決めておく

テレビやニュースを見ている
(読んでいる)ときに、
いきなり衝撃的な映像を目に
してしまったりという
経験は
ありませんか?

しかもツラい映像は長い間
記憶に残っている。

しかも夜に見てしまうと
なかなか眠れない…。



もしあなたがそんな状況になった
ことがあるなら、
テレビやニュースを見る時間帯を
決めてみましょう。

・就寝前は見ない、聞かない
・〇〇時~××時の間は見ない
とか。

見ない時間帯を使ってリラックス
したり自分のケアをしてみましょう。

スマホ(携帯電話)を触る時間を減らす

今ではスマホは携帯型パソコンです。

一度スマホを開けば、
すぐに多くの情報が自分に入って
きます。

SNSで見たくもない画像や文章を
見て
しまったり、
ひっきりなしに送信されるLINEで
疲れ果てたり。

そんな状況になるなら、
スマホを見ない時間帯を決めるのも
アリです。

いったんスマホを横に置いてみましょう。

まずはご自身の心と身体と
いたわってあげてください。

スマホを操作するのって
意外としんどかったりするんですよね。



今回は以上になります。


あなたが意識的に情報を減らすことで、
HSPの敏感さに変化があるはずです。

「情報といっても何の情報を?」
というならば、
「〇〇の分野は見ないようにする」
と決めてみましょう。

私は、最近だと、
コロナ関連と政治のニュースは
ほとんど見ません。

見ると色々と影響を受けてしまうので、、

コメントもサラッと読むくらいに
とどめていますよ。

あなたは自分が得たいと思う
情報を自分で選べるということを
知っておいてほしいです。




最後まで読んでいただき、ありがとございました。