HSPが自力でべき思考に気付くためには?

こんばんは、片山です。



あなたは「べき思考」という
考え方を知っていますか?

べき思考というのは
語尾に「~べき」といった
言葉を使う考え方です。

~べきという言葉は
職場でよく聞くかもしれません。



この「べき思考」なのですが、
実は自分を苦しめる考え方なんです。

もしあなたがべき思考を
つかっているならば、
自分自身の言葉と思考に縛られた
生き方をしているかもしれません。

もしHSPがこれらの思考から
離れることができれば、
自分を責めたり言葉による制限を
外したりできます。




では、べき思考とは
一体何なのでしょうか?

また、HSPはどうすれば
べき思考に気付くことができる
のでしょうか。

べき思考って何ぞや?

まずはべき思考について
簡単にお伝えします。

———————————————————-
【べき思考】
「~べき」「~すべき」
という言葉を遣うことがある。

考え方のクセの1つ。

完ぺき主義や責任感が強い人
などがつかう。

べき思考の人は、

「弱いところを見せたくない」

「もっと評価してほしい」
「自分は優秀な人間なんだ」

といった“無意識の思考”
持っていることが多い。



べき思考の人はあらゆる物事に
100%の力を出そうとする。

どこかでくじけたりすると
自分を責めたり落ち込んだりして
心の悪循環に陥ることが多い。

自分自身を追い込んで物事を
遂行しようとする。

そのほかにも、

・白か黒かハッキリしたくなる

・失った時間を全力で取り戻そうとする
→そして疲れをためて体調を崩す

といった考え方をすることもある。
———————————————————-

以上になります。

ざっくりとお伝えすれば
このような感じです。



話は変わりますが、

べき思考は
実は相手にもプレッシャーを与える
考え方なんです。

あなたも「~するべきじゃない?」
と言われて威圧を感じたことは
ありませんか?

もしかしたら多くの人は
「~べき」という言葉を聞きすぎて
慣れてしまっているかもしれません。

「べき思考は自分を苦しめて、
相手にもプレッシャーを与える」

このことをあなたには知っておいて
ほしいです。

どうやって自力でべき思考に気付けるのか


自分の思考にはなかなか気付けないもの。

気付くためには意識的に何かの方法を
行なう必要があります。

そこで、
私があなたにも手軽にできる
方法をお伝えするなら、

「普段から自分の言葉づかいを気にする」
方法を試してみてください。

具体的な方法は、

「自分が発した言葉遣いの中で
気になったものはメモ帳にメモして、
手空きにネットで検索する」


ことです。



長いですね(汗)

ですが、方法は簡単です。
(以下は手順です。)
================================
1、メモ帳アプリかメモ帳を準備。

2、自分が発した言葉や思考に気付いたら
すぐにメモ帳に書き記す。


3、書いたものを時間があるときに
見直してみる。


4、これらの言葉を言い換えるなら
どうしようかと考えてみる。
(ネット検索が探しやすいです)


5、言い換えてみたことを実際に
言ってみたり思ってみる。
================================

以上です。



自分も過去にべき思考を何度も
遣っていました。

べき思考から離れたいと思っても
~べきって思ってしまうのです。

 
自分の場合は、

ネットで調べていくうちに
「この遣い方は間違ってたのか」
「不安を隠すために言ってたのか」
と気付くことができました。

その後も少しずつ思考を改善
していきました。

今は「~べき」という言葉は使わず、
「~したほうがいいかな」などと
言い換えてます。

まとめ

べき思考を行なっている人は
心に余裕が無いかもしれません。

そのような人は休日にでも、
「最近の自分の言動はどうだろう?」
「仕事中のトラブルの原因って?」

などと考えてみてはどうでしょうか。


何か心の気付きがあるかもしれませんよ?



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。