HSPが怒りをうまくコントロールするには?

こんばんは、片山です。



「ついカッとなってしまいます」
「一度怒ると止まりません」

あなたはこのように考えたことは
ありませんか?



怒ると相手に行動してもらったり
相手の行動を正すことができます。

しかし、怒ることで相手の気持ちに
悪影響を与えることがあります。

相手が部下の場合なら、
怒ることで部下のやる気が落ちる
可能性もあるでしょう。

あなたが怒った後に、
「なんであんなこと言ったんだろう」
と罪悪感を感じることもあるかも
しれません。



HSPの人が怒ることで、
自分自身の心の余裕がなくなる
ことも可能性としてあります。

それでは、
HSPはどうすれば怒りを
コントロールできるのでしょうか?


それは、

怒りに対する考え方を見直すこと

なのです。


怒りの考えを見直す前に、
あなたには以下の質問について
考えて欲しいです。

それは、

1、なぜ自分は怒ってしまうのか?

ということです。



もしかしたらあなたはこのように
考えるかもしれません。

————————————-
「イライラしてしまったから」
「口癖のように言ってしまうから」
「相手がうまくやらなかったから」
…etc.
————————————-

怒りとは何かを端的に言うと、
「自分の思い通りにならなかった
ときに起こる感情のこと」です。

どんな人間にも「怒りの許容範囲」
のようなものがあります。

その範囲を超えなければ
「まぁいいか」で終わりますが、
それを超えると…なのです。



ここでは、
あなたの許容範囲を見直すことで
自分が起こす怒りの回数を減らす
ことができます。

あなたが怒ってしまう理由は
なんでしょうか?

怒りの感情がわくというのは
自然なことです。

ですから、
「怒らないようにしないと…!」
と思うとあなたのストレスになる
可能性もあるのでご注意を。

怒りを感じたら怒ってもいいです。

ただし、
怒り方を間違えると後々苦労します。



怒りについて考えてみたあとは、
以下の質問を考えて欲しいです。

それは、

2、怒り方を変えることはできないか?

という質問です。



HSPにとって「怒る」とは諸刃の剣です。

相手に対して自分の思いを
伝えるのはいいのですが、
怒った後に相手の感情を自分ごとの
ように感じて苦しくなります。

もしそうなるなら、
怒り方を変えてみましょう。



怒り方は自分が感じた怒りを
ありのまま伝えるのではなく、
「私はこうして欲しかった」
「こうしてくれればよかった」

と伝えてみましょう。

そうすれば自分の心に余裕を
持つことができますし、
相手はあなたの気持ちに気付いて
くれる可能性も高まります。

あなたに返ってくる怒りの
ダメージを減らすこともできます。



自分の気持ちを伝えることを意識
すれば、カッとなることは次第に
落ち着いてくるのです。



HSPに大切なのは、

怒りを抑えるのではなく、
怒りをどのように扱うか
怒りをどうやって伝えるか

です。


自分の気持ちや感情を抑えると
苦しい気持ちになってしまいます。

もしあなたが怒りをコントロール
することができるようになれば、

怒りに任せた言動や
怒りから感じ取るストレスを
減らすことが可能になります。

怒りを抑えられない場合は、
上記2点について考えてみて
くださいね。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。